MENU

愛人を極めるための極意とは

愛人関係を続けたい女性向けに記事が出ていたので読んでみたのですが、こんな世界もあるんだなあと、愛人を極めるための努力もあるのだなあと思いました。
例えば、愛人であるからには後々面倒にならないよう、本気で恋をしてはいけないのだそうです。もし本気になってしまったら相手の奥さんと泥沼になること間違いなしですし、本気であるからには別れてほしいと思ってしまうでしょう。そうなると本妻の方が有利なので、もし裁判沙汰になっても慰謝料を請求されるかもしれません。それでも良いというくらいに好きになってしまったら愛人ではなく略奪して本妻になってしまいますね。
でも、本気で好きでない相手と男女関係を続けるなんて器用なこと、よくできるなというのも感想でした。私だったらどうしても嫌悪感を持ってしまうと思うので、恋愛感情未満の感情というのはなかなか持てないなと感じました。友達なら友達、恋人なら恋人と、関係ははっきりさせたい方なのかもしれません。自分では気付いていませんでしたが、そういう人間関係を求めている自分がいました。ただ、もちろん友達以上恋人未満の関係に憧れたりもするので一概には言えないようです。
愛人として関係を続けたいと思う女性なら参考になる記事なのでしょうけれど、それで幸せと感じられない女性は苦痛でしかないなと思いました。愛人として暮らすのが楽しいのならばそれはそれで良しと思うので、自分がどう思うか、どう捉えるかで変わってくるでしょう。

私が愛人になったきっかけ

あっという間に2年の月日が経ちました。不倫関係なんてやめなければと頭では分かっていても今となっては止められない。身体と心は別物だ。

 

社会人生活も10年目。責任ある仕事を任され自分なりにやりがいも感じている。
けれど何かが足りない。30代前半、気がつくと周りは既婚者ばかりだ。既婚者の友人と会うと結婚のお勧め話しと結婚の愚痴だ。結局友人は結婚して幸せなのだろうか。確かな事は、真夜中まで飲み歩く事がなくなり、呼び出されるのは平日昼間。有名レストランもランチだと安いからだ。主人も会社で、子供も幼稚園だからだ。そのライフスタイルの変化に驚く。

 

取引先の彼とこうなったのは3年前。仕事では何度か会っていたが、街で偶然あったのはその日が初めてだ。やるせない空虚感が出ていたのだろうか。飲みに行こうかと彼が誘ってくれた。

 

会社を経営する6歳年上の彼は遊び方もスマートで、連れて行ってくれるお店のランクは最高級でそれまで行った事がない様なお店ばかりだった。

 

仕事の都合で奥様と子供とは離れ都心で暮らしている彼にとっても私との時間は心安らぐ時間だと言ってくれる。

 

ワンランク上を教えてくれる彼と出会ってしまった故に、周りの男に興味を持てず、いつまでこの関係は続くのだろうか。知らず知らずのうちに愛人となっていってしまったのだ。
罪悪感と優越感がぐちゃぐちゃな感じ。暗黙のルールもある。言っていけない言葉。

 

いけないいけないと思いながら、今も変わらずこの関係は続いている。

愛人ができた時に思うこと

自分に愛人できた時に考え愛人をいることは
「本当にいいのだろうか?」
と疑問が生じることかもしれません。
というのは、愛人というと、不倫というマイナスのイメージがつきまとうからかもしれません。
しかし、有名人や著名人、政治家などの人は、必ずと言っていいほど、愛人の存在がありまう。
愛人のイメージは不倫の印象が全面にでているために、肉体関係の間柄という感じがします。
しかし、長年連れ添った奥さんよりも、本当に心が通じ合っている相手が愛人となっているケースもあります。
そんなことを考えると、愛人の存在は、男性をより引き立たせるこころの支えとなってくれる存在のなのかもしれません。
愛人とは、どんなきっかけで知り合い、愛し合い、心を通わせることになるのでしょうか?
意外と身近な場所に愛人となりえる女性が、いるのかもしれません。
サラリーマンだと、自分の部下あったり、後輩が愛人となることがあります。
有名人では、自分のファンやマネージャーが愛人となることもあるでしょう。
冷静に考えると自分のそばにいれくれる人が、愛人となることが多いので、奥さんよりも自分の働いている姿をよく理解しているのです。
そのようなことを考えると、愛人とはいいながら自分最大の理解者かもしれません。
マイナスイメージがついまとう愛人の存在ではあるものの、本当に自分連れそい、しっほに歩いていける本当のパートナーかもしれません。
肉体的な関係だけでなく、心を通わせている相手だからこと、愛人と呼べるのだと思います。

社会的には、決して許されぬことかもしれませんが、人生の中で出会う人々の中で一番のパートナーだとも思うのです。

ネットで愛人募集をして愛人を見つけました

私は現在でありますが31歳の男性会社員をおこなっております。
私には交際をして、3年が経過をしている女性がおります。

婚約などもおこなっておりますが、最近はお互いの熱なども非常に冷めてしまい、別れ話もでるようになりました。
私も同様であり、このまま彼女といっしょにいるときなども、息がつまることがあったのです。
そこで私は出会い系サイトを活用して、愛人募集をして、そちらの女性とお付き合いをするようになっております。
私はYYCと言われる出会い系サイトを活用して、その女性をみつけることができました。
こちらのYYCといわれるサイトでありますが、スマホアプリで去年くらいに登場をしたアプリとなっております。
女性の登録数も非常に多く、また女性を検索するためのツールなども非常に豊富であり、私としてもほんとうに活用をしやすかったと思っております。
私は使用を開始して、2週間で女性と出会う事ができました。現在では交際をしている彼女ではなく、愛人の女性と会うペースのほうが多いです。
肉体関係などももつようになっております。
私としては交際をしている女性よりも愛人の女性を大切にしたいという思いが非常に強くなってきております。
私としてはこちらのYYCさんにはほんとうに感謝をしております。
私はこれからもこちらのYYCのアプリを継続して活用をしていきたいと思います。ありがとうございました。

プライドを捨てると楽しい恋愛だけが残る

不倫でも、恋愛。
これは一般的な恋愛市場でいうところの二股です。
しかも、奥さんがいると承知の上での二股ですから、愛人としては辛い思いをすることもあります。
だからこそ「奥さんよりも私の方が愛されている」と思い込みたいし、「私は幸せ」と常に自己暗示をかけずにはいられません。
でも、奥さんという唯一無二のライバルと競うという気持ちを捨ててしまえば、あ〜ら不思議。
不倫ほど純粋に楽しめる恋愛はありません。
通常の恋愛だって、結婚するのかしないのか。
おおいにヤキモキさせられて、辛い思いをし、涙することも多々あります。
それに比べて不倫は既に浮気ですから、何かに責任を負う必要もなく、プレッシャーを感じることもありません。
愛人であっても、恋する女性ということには変わりなく、愛人だからといって二番目なのだと悔しがる必要もないのです。
とにかく、自分の「この人と一緒にいるとハッピー」という気持ちだけで、恋愛の舵取りをするのですから、ただひたすらにお気楽。
そうすると、要らぬモヤモヤ感を抱くことも焼き餅を焼くこともなくなります。
愛人且つ、その境地に至ると「恋愛って本当に素晴らしい」と思わず叫びたくなるほど。
結婚したいというつまらない野望を抱くことも一切なくなります。
お相手の家庭でのいざこざなんて、まるっきりの他人事。
私は私さえハッピーならばそれでよし。

そういった意味で、不倫は究極の恋愛といえます。
誰におススメしたい訳ではありませんが、悪くはないものだと知って欲しいと願って止みません。

甘えてお金が欲しいために愛人になる女性

女性が愛人になりたいと思う気持ちはどのようなものなのでしょうか。そうした関係が好きなのでしょうか。決してそうではなく、多くの場合お金が欲しいというのがあります。女性の一人暮らしというのは想像以上に大変であり、少ない収入でやりくりをしなければなりません。ぎりぎりの生活ばかりをしていると、ふいに惨めな気持ちになったり、寂しく感じてくることがあり、男性に甘えてみたくなっていくのです。そしてもう少し収入が欲しいということであれば、その男性に甘えることと収入を増やすことが一度にできてしまう愛人になるのが魅力があると感じるのです。

 

愛人になると必要な時に男性に甘えることができるようになります。相手はお金にはそれほど困っていない収入のしっかりしている男性の場合が多いので、おねだりして洋服をプレゼントしてもらったり、ブランド品を買ってもらうことさえできるかもしれません。また、おいしい食事のできるレストランでご馳走になることも問題がないのです。いつもいつもではなくても、男性が来てくれるときには、そうした甘えができるというのは、嬉しいし、感情面での必要が満たされる事になるに違いありません。男性のほうは女性の体を欲しがるわけですが、その求めているものを気持ちよく与えることで男性は満足できるのです。このように愛人になるというのは、女性にとっては必要になるときがあり、一時的とはいえ、甘えることができて生活のサポートまでしてもらえるので、愛人になりたがるのです。