MENU

断捨離にはどんなメリットがある?逆にデメリットは無い?

家の中が物でいっぱいになり散らかっている事に悩んでいる方も多いと思いますが、そんな時には断捨離を行ってみるのも1つの手です。

 

今回はそんな断捨離について具体的にどんなメリットがあるのか、またデメリットは無いのかという点について色々と書きたいと思います。

 

断捨離には様々にメリットがありますが、特に分かりやすいものとしては部屋が綺麗になって片付く事が挙げられます。

 

自宅にある私物の中から不要な物を捨てることになるので、当然ではありますが部屋を綺麗にすることができます。

 

また単に不要な物を捨てて部屋を綺麗にするだけでなく、不要な物を買わないという意識も身につける事もできます。

 

それによって部屋が散らかりづらくなったり、無駄遣いが無くなりお金が溜めやすくなるなどのメリットもあります。

 

他にも精神的な部分でも断捨離はメリットがあって、不要な物を捨てて部屋が片付く事で気分的にスッキリする事が可能です。

 

そのため様々な理由から気持ちを切り替えたいと思った時などにも、断捨離を行ってみると良いです。

 

逆に断捨離にはデメリットもあって例えば捨てた時はそれで良かったけど、後になってから考えたらそれが大切な物で後悔してしまうなんて事もあります。

 

せっかく断捨離をやったのに大切な物を捨ててしまい後悔したなんて事になると、気持ちを切り替えるどころか逆に落ち込んでしまう可能性はあります。

 

そういった点を踏まえて実際に断捨離を行う際にはもし捨てるべきか迷ったら少し時間を置いて、冷静に考えるようにした方がいいです。

 

メリットがあれば当然デメリットもあるので、その辺りに注意して断捨離を行ってみてください。

業者に依頼して断捨離!古いものを捨てると幸運が舞い込む

年末に家の大掃除をした時、使わないものがたくさん放置してあることに気づきました。
壊れた家電や何年も着ていない洋服、時代遅れのブランドバッグなどが散乱していたのです。
普段の掃除なら、それらの物を見て見ぬフリできたのですが、片づけていくうちに邪魔になりました。
だからこの際、全ての不用品を片付ける断捨離を行おうと思い立ったのです。
掃除と断捨離の大きな違いは、ただ整理整頓するのではなく、不要なものを排除するところにあります。
必要ないと思っていても、家電や家具などは大きすぎて処分に困るのが実情です。
後回しにしているうちにどんどん溜まり、部屋が物置のような状態になってしまいます。
だからこそ、かさばる大きなものから順番に片づけ、必要なら業者に依頼して引き取ってもらうのが成功のカギです。
そこで、これまで一度も大がかりな断捨離をした経験がなかったので、近所の人に業者を紹介してもらいました。
年末は忙しいようで予約してから2週間後になりましたが、タンスや本棚などを引き取ってもらってスッキリしました。
多少の手間や費用はかかるけれど、業者を利用すると断捨離はスムーズに進みます。
あっという間に不要なものがなくなって、久々に部屋が広くなり、引っ越してきた頃のように美しくなりました。
そして不思議なことに、断捨離をした途端に友人や知り合いから連絡があり、新型テレビを安くで譲ってもらえたのです。
広くなった部屋に新しい大きなテレビを設置すると、信じられないくらい気分が爽快になりました。
よく断捨離をすると嬉しいことが起こるといいますが、確かにそうだと実感できたのです。
これからも定期的に断捨離をして、幸運が舞い込みやすいようにしようと考えています。

断捨離をするときには中間ボックスを準備しよう

断捨離をする時、とても重要なものとしてダンボールがあります。
ダンボールは、断捨離をしたいものを入れる時に使うことができるのです。
不要と思ったものを、そのダンボールの中にどんどんいれることができます。
そのようにすることにより、より効率的に断捨離を行うことができますね。

 

その時、ダンボールとして中間ボックスを準備しましょう。
それは、断捨離をするものを入れるボックスが一つ、必要と判断したものを入れるボックス、その時に決められないボックスがいるのです。

 

多くの人は、二つのボックスを準備して行うことが多いです。
そんな時、迷ったものが多くあると不用品がまた増えてしまいます。
せっかく断捨離をして部屋を綺麗にしたいと思っているのに、そのことが進まないのです。
そんなことにならないように、使わないもので迷ったものを入れることができる中間ボックスを準備すると簡単に片付けることができます。

 

そしてそれは、ある程度の時間が経っても使わないと判断すると断捨離をするようにします。
それだと、気軽に断捨離に取り組むことができますね。

 

またもうひとつのメリットがあります。
それは、捨ててしまって後悔をしない断捨離方法とすることができるのです。
捨てた後だと、とても後悔します。
ちょっと時間を置いた時に、冷静に判断してやっぱり不要と思えるボックスがあると、なんとなく安心できますね。
いきなりどんどん捨ててしまう事を考えるよりも、中間ボックスを作っておきましょう。

断捨離で家も心もスッキリ

私は、子供部屋の用意をきっかけに断捨離をしました。半ば物置となっていた部屋を、子供のために片付けて空き部屋にしたのです。
片付けの過程で、数多くの不用品が出てきました。いえ、最初は不用品とは感じず、別の場所に片付けようと思っていました。たとえば多少きつくなった服や、以前使っていたバッグ、端がほつれてきたカーテンなどです。いずれも、また使う機会があるかもしれないと思い、あえて保管しておいた品々です。そのため、この片付けの際も捨てるつもりはありませんでした。
しかし片付けが進むにつれて、かなり昔に入れておいた品々が奥から出てきました。カビ臭くなったカーペットや毛布、色褪せた造花、誰からもらったのか思い出すこともできない古い土産物などです。
いずれも、再び使う気が起こらないような品です。しかしこれを保管した当時は、いつかは使うと思っていたのでしょう。そして使わないまま、数十年経過したわけです。
私が最初に不用品とは感じなかった品々も、おそらく同じ運命をたどることになります。そこで私は一念発起し、全て捨てることにしました。正直、もったいないとは思いました。しかし、このままでは家にカビの素を置いておくようなものです。不衛生ですし、何より子供部屋を用意する以上、他に片付ける場所を探すことがかなり大変です。
思い切って全てを処分してからは、家はもちろん心もスッキリとしました。子供も部屋が手に入り、喜んでいました。
また私は、使うかどうかわからない品を残しておくと、後々面倒になるということを痛感しました。将来の自分に対する、嫌がらせにしかならないとさえ思えました。そのため今後は、物を増やさない努力もしようと心に決めました。

年末に1日がかりで断捨離を行った

年末に仕事休みで時間ができたので、思い切って断捨離をすることにしました。前に断捨離をしたのは数年前だったので、それ以来押し入れやクローゼットの中はいらない物がだいぶ溜まっていました。着なくなってしまった服、読み終わった本、聴かなくなったCDなど、断捨離しなければならない物が数多くあり、普段から「どこかで断捨離をしなければ」と思っていたのです。断捨離をするのはかなり大変そうだったので正直後回しにしてしまおうかとも考えたのですが、それでは問題を先送りにしているだけだと思い直し、意を決して断捨離することにしました。

 

着なくなってしまった服は単にまとめて後で処分すれば良いだけなので、意外と楽に終わりました。私は男性なので、それほど多く服を持っているわけではありません。それだけに仕分けをするのも苦労はなく、だいたい30分ぐらいで仕分けが終わりました。ただ、服の断捨離で良いスタートを切れたと思ったのですが、本とCDの断捨離には予想以上に手間取ってしまいました。本もCDも数があると重いというのはネックで、移動させるだけでも一苦労でした。また、本をまた読むのかどうか、CDを聴くのかどうかなど、仕分けについても一筋縄ではいきませんでした。中にはちょっと思い入れのある本やCDも出てきてしまい、断捨離をする手が止まってしまったのは誤算でした。ただ、頑張った結果1日かけてすべての断捨離をすることができました。収納スペースにかなりの余裕ができましたし、これからも断捨離は定期的に行っていきたいです。

 

●関連サイト
ジャンル:断捨離
断捨離
部屋にモノだらけのズボラ女がついに断捨離を決意!しかし、なんと断捨離をしたことでお小遣いも稼ぐことができた。その方法とは?